更新日: 2011-07-20 17:49:20

食べながら綺麗になる☆媚薬?ならぬ美薬の食材シリーズ その2

著者: モモラー☆YOU☆

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1452

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

前回の 山葵 に続き  ☆第二弾☆   今回は  カカオ についてです。

細胞の再生を促し、世界一抗酸化物質が多いと言われているカカオ

以外にも、自然界の植物の中で一番ダイエット効果が高いと言われてい食品でも有ります

今回はそんなカカオのご紹介です。

STEP1 カカオの効能について☆

Photo by ma2tt.m

細胞の再生を促すと言われている銅を初め、体内の炎症を抑えるオメガ6必須脂肪酸、植物ではカカオにしかないと言われている アナンダミド や トリプトファンを多く含んでいる上に、美白に良いビタミンCも含まれている、非常に美容に適した食材なんです☆

STEP2

植物ではカカオにしか存在しないと言われているトリプトファン☆についてのプチガイド☆

トリプトファンとは、必須アミノ酸の一種で、リラックス感や安眠効果に良いとされる

セロトニンやメラトニンの製造を促進させるそうです。

その為、幸福感を感じるホルモンのセロトニンや、睡眠に良い作用を促すメロトニン等の相乗効果で、軽度の月経困難症やイライラ感を治めて軽減してくれる鎮静効果も有るようです。

STEP3 実際は、ココアニブだけを摂取する事はあまりないと思います。

Photo by Lee Coursey

ので、ここでは、同じ成分が含まれる ココアで摂取する方法をご紹介します。

森永製菓のサイトにも記載されていますが、カカオとココアは同一のものだそうです。

ただ、ココアニブには甘味料は含まれていませんので、ココアやチョコレートを選ぶ際に
なるべく当分の入っていない、ココアの含有量の多い物をオススメします。

まとめ

一日の摂取量は、ココアニブで、体重10キロに対し小さじ1位が適量なんだそうです。

体重が50キロの方だと小さじ5杯分くらいが目安だとか。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

92

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
モモラー☆YOU☆

不思議大好き!
夢見る?現実主義者?
ケチケチあら?フォー!小母ドルです☆

日々、非現実的な神秘事を実験して遊んでおります。

が、政治・地...

必要なもの

砂糖不使用のチョコレート

若しくは、砂糖不使用のココア

Middle 5109634519 7409de6ef3 m