更新日: 2010-12-22 11:56:40

ワンランクアップ!写真撮影

著者: ☆ラビココ☆

編集者: さりうすーあんこ

閲覧数: 245

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 246-You

イベントの増える季節、楽しいひと時を写真に残したい!と思っても、いざ写真を撮ろうとすると、何故か失敗ばかり・・・という人も多いと思います。ちょっとした工夫で華やかな時間を印象的に残しましょう♪

STEP1

Photo by kanegen

失敗事例1:暗い部屋でフラッシュをたいたけど、雰囲気が台無し。

解決方法:フラッシュ発光はNG!小さな光を利用しましょう。
キャンドルの光だけ等の暗い部屋では、電気は消したまま、カメラの近くに間接照明や電気スタンドを置きましょう。「高感度」にモード設定をすると、人物も背景もちょうどよい明るさに写ります。

STEP2

失敗事例2:蛍光灯の光で肌がくすんで写った。または、フラッシュをそのままたいてしまい、陰影がつきすぎた。

解決方法:光の当て方を工夫しましょう。フラッシュの発光部を白いハンカチや紙、ティッシュ等で覆うことによって被写体に当てるフラッシュを弱くすることができます。
程よい明るさで肌が柔らかくきれいに写ります。

補足・・・逆光にならないように、蛍光灯が人物の前へ来る位置まで移動しましょう。

STEP3

Photo by Dakiny

失敗事例3:失敗!?ではないのですが、大人数で横一列。いつも同じみの写真

解決方法:被写体の体に角度を付けつつ、寄り添ってもらう。更に撮影者も近づきましょう。一人ひとりの表情がよくわかるし、楽しい雰囲気の写真になります。
近づくことによって、笑顔や表情も和らぐという相乗効果もあるかもしれません☆

まとめ

一番端に立つと、レンズのゆがみでふっくらと写ってしまうので、できるだけ中央に近い場所で写りましょう~

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

28

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する