更新日: 2010-11-23 22:05:43

明るい印象で写真に写るには

著者: 朝焼けと煙

編集者: 朝焼けと煙

閲覧数: 308

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by masahiko

写真はその人の人柄をも表す、極めてリアリティのある記憶物です。なので、暗い印象で写ったものなどは、人に見られたくないですよね。明るい印象を表現するには、どうすれば良いのでしょうか?意識面と共に、実践してみて下さい。

STEP1

人の感情は、顔や体の"角度"でも表されます。そしてそれは、その人の性格を表すとても大きな要素です。

STEP2

写真に写る際は、胸を張り、姿勢を正しく保つ事を心掛けましょう。
「胸を張る」とは、気持ち面での表現にも使われる言葉ですが、実際の行動としても、同じ効果をもたらします。

STEP3

顔の向きも一緒です。カメラと目線を繋いだ時に、水平以上の角度でいる様にしましょう。

STEP4

そして、レンズに向けた「目力」も非常に重要。目をぐっと開いて、堂々とカメラを見つめましょう。写真は実際よりも小さく写るものなので、少し「開き過ぎかな…」くらいに目を開いて大丈夫です。

まとめ

緊張してしまうと、"堂々と"している事は難しくなります。自然体を心掛けて。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

82

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する