更新日: 2011-08-14 19:48:36

ぐらぐらしているカーテンレールを固定する方法

著者: rikichan3

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 2074

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by i_yudai

洗濯物ハンガーを引っかけたり、かわいい装飾をインテリアで下げていたら・・・・・

カーテンレールがぐらぐらして外れそうです。ネジ留めしてあるのは窓枠の木の部分。

何回も留め直しているため、穴が大きくなっているようです。賃貸なのでこれ以上穴を開けたくありません。

そんなとき穴を増やさずに固定する方法

STEP1 大きくなってしまったネジ穴の修正方法です。

(1) 割り箸の先を削って尖らせてください。
            ↓
(2) 今ある穴(木ネジの穴)に木工用のボンド、または瞬間接着剤を少量(適量)付け、先を尖らせた割り箸をハンマーで打ち込んでください。
            ↓
(3) 穴の外から出している割り箸は、カッターなどで切り落としてください。
            ↓
(4) ふさがった穴の部分に、ネジを改めてネジ込んでください。

STEP2 専門的な道具を利用する場合は

パテがおススメ
手近なDIY店にいって「ゆるくなったモクねじの穴につめるパテください」というと出してくれると思います。

ヘラで練って詰めてヘラで平らにしてかわかしてまたねじ切りをすることになるかもしれませんので、ねじ切り用のツールも必要かもしれません

まとめ

カーテンは毎日開け閉めするものです。カーテンレールがグラグラしたら早めにメンテナンスしてください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

21

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

木工用ボンド、割りばし、カッター