更新日: 2010-11-22 20:26:34

携帯電話の電池をいつもより長持ちさせるには

著者: d-hikaru

編集者: d-hikaru

閲覧数: 307

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by jetalone

大事な時にバッテリー切れ。携帯電話で慌てた思いをしたことはありませんか?ちょっとしたコツで、いつもより電池を長持ちさせる方法をご紹介します。

STEP1 ①圏外の時は電源を切る

圏外表示時はバッテリー消耗がとても激しくなります。これは、携帯が電波を探しているからです。地下鉄や長い間圏外になる場所にいるようであれば、必ず電源は切っておきましょう!

STEP2 ②液晶のバックライトをOFFにする

バッテリー残量が残り少なくなってきたら、バックライトをOFFにしましょう。昼間なら充分に使用可能です。

STEP3 ③着信音を控えめにする

Photo by jetalone

着信音の音量を抑えると、着信時の電池消耗を抑えることができます。受話音量を抑えても若干の消耗を抑えられます。バイブと音声の両方着信設定にしている時は、どちらか片方にしましょう。

STEP4 ④待ち受け画面にしない。

基本的な待ち受け画面にしていると、メール受信をしても携帯が作動しますし、またキャリアによっては位置情報サービスなどの受信で、毎回携帯が作動してしまいます。待ち受け画面にしないで、例えば、メール受信箱の画面などで止めておきます。そうすることにより、メール受信をしても、携帯がいちいち反応しなくなるので、電池消耗を抑えることができます。

STEP5 ⑤バッテリーを外しておく。

最後の手段です。どうしても電池が無くなりそうなときは、バッテリーごと外しておきます。これで無駄な放電を防ぎます。必要になったときは、またバッテリーを装着して利用します。

まとめ

無駄な放電を防ぐのが、電池を長持ちさせる秘訣です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

14

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する