更新日: 2010-12-09 09:02:49

その人を知るために ~うずまきの法則と時差の法則

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 487

Okgn btn gudie info favorite

1

はじめに

Photo by hajimebs

仕事に役立つ法則を紹介しましょう。
うずまきの法則と時差の法則を紹介します。

STEP1 [うずまきの法則って?]

外から攻めていくことで、人間の本質がわかること。
これをうずまきの法則といいます。

STEP2 [うずまきの法則はこうやって使う]

例えば、取引先のAさんについて。
「今度こういったプロジェクトで接することがあるので、教えてください。」と社内の評判を聞いてみてください。

いい評判が多い?悪い評判が多い?
事務への評判、違う部門の評判は違っている?

色々聞いてみてください。

例えば、誰にでもいい評判の人だったら会う前からその人の性格がわかります。
逆に部門ごとに対応が違う人だったら二面性がある人なのかな?
教えてというと、その人の武勇伝を教えてもらえたりすることもあるでしょう。
そういったことで色々と分析できます。

注意すべき点を、初対面で会う前から整理できているとビジネスでも成功します。

軽率な行動をとらなくてすみますし、その人ごとに対応を変える事もできます。

STEP3 [時差の法則]

次は、時差の法則について。

その人を知りたいと思ったら、毎日同じ時間に接するのではなく、わざと時間をずらしてみましょう。
相手の活動時間や、コンタクトをするのに適切な時間帯、どういった生活をしているかがわかります。

これを時差の法則といいます。

STEP4 [時差の法則はこうやって使う]

方法は、相手にコンタクトする時間帯を変えてみます。

(わかることとして・・・)
・いつが調子がいい、レスポンスが早いのか?→始業すぐ?午前中?午後?夜型?
・メールチェックは?→こまめに見る人?一気に見る人?見て返事はしない人?
・どういった仕事スタイルなのか?→残業しない?遅くまでいる?まちまち?

コンタクトする時間を変えて、いつも遅くまでいる相手には「いつも残業されていらっしゃいますね」など声をかけると理由を教えてくれることがあります。

STEP5 [時差の法則を発展させて心づかい]

わかったことに対して配慮するのがポイント。

・午前中が調子がいい人だったら、午前中までに連絡する
・残業しない人なら、定時間際には連絡しない
・メールチェックしても見ない人なら電話する

そうすることで、仕事が効率的にはこびます。

もちろん、マナー違反をするのはダメ。
常識外の時間帯に電話をしたり、電話をしてほしくない相手なのにしてしまうと、信用をなくします。
あくまでも相手のことを知る上での調査であることを配慮しましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

73

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...