更新日: 2011-07-26 15:02:13

意外なもので草花の水やりがピタリと解る裏技

著者: hoemei

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1360

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by bohnen

花の水やりのタイミングは難しいものです。土の水分が40%以下で水をやるのが一番ベスト、しかし解り難いですね。でもこれでOKです。

STEP1

それは、落ちている松ぼっくりを一つ拾って花の根元に5分の一位軸の方を土にねじ込んで置きます。

STEP2

土の水分が有る時は、松ぼっくりの傘が閉じています。傘が開いてきたら水遣りのタイミングです。

まとめ

松ぼっくりは枯れて落ちてしまったものでも水を吸収していた管はちゃんと機能していて、土に置く事で土の水分で傘が閉じ水分が無くなると傘が開くので、その時が水やりのタイミングという訳なのです。因みに松ぼっくりの傘が開いた時の土の水分量は、38%でした。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

63

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する