更新日: 2010-11-21 06:55:46

世代を問わず心得ておくべき行動

著者: SpringLake

編集者: SpringLake

閲覧数: 168

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by familymwr

最近、常識という基準が薄れてきていると思います。そこで、最低でも、社会に出るのに必要である心得をご紹介します。

STEP1 あいさつ

あいさつは全ての基本です。挨拶ができない人は、何においてもいい加減になってしまいます。挨拶はきちっとやりましょう。

STEP2 他人を思いやる最低の常識力

「お客天国」の日本では、よくお金を支払うときに、お金を投げたり、理不尽にクレームをつけ足る人がいますよね。これは、とても低層に見え、人間性を疑われてしまいます。最低限の「マナー」、自分がやられていやなことはしないということは心得ておきましょう。

STEP3 責任を持つ

何事も、自分が受け持ったことは責任を持ちましょう。宿題の提出期限、アルバイトのシフト時間など、必ず守るようにしましょう。学生時代は多少は許されますが、社会人になって、仕事中にこれをしてしまうと解雇されるでしょう。責任の重さの自覚を持って行動してください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

15

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
SpringLake

ガイドでは、アメリカ現代史や英語に関することを中心に、「がんばらなくても喋れる様になる英語」のハウツーをご紹介していきます。