更新日: 2010-11-24 11:17:35

引っ越し料金を安くする方法

著者: kazusato

編集者: kazusato

閲覧数: 310

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kazusato

進学や転勤などに引っ越しは付き物です。
独身者で身軽、近場への移動ならば、トラックでも借りて友人に手伝ってもらってやる、ということも可能でしょう。
しかし、家族が動くとなると荷物の量も半端ではありません。
そんな時期には何かと出費も多もの。
引っ越し料金は少しでも押さえたいですね。

STEP1 ・見積もりは必ずやってもらう

まずは自分の希望条件で見積もりをしてもらおう。
可能なら、数社に頼んでみるのも良いでしょう。
価格の比較サイトで、調べてみても良いでしょう。

・自分でできることは自分でやる
洋服や雑貨類などは自分で梱包しましょう。
引っ越しパックの中に段ボールの料金も入ってくるので、スーパーやドラッグストアでもらってきてください。
手配がつかないという方は、リサイクルの段ボールで良いことを業者に伝えてください。新品の段ボールを使うより安く済みます。
もちろん全部自前で用意できれば良いのですが、家を丸ごと引っ越しとなると、かなりの数が必要です。

・交渉してみる
大型の家具や家電製品を運ぶには、高度なテクニックが必要となりますが、梱包した段ボールを運んだりするのは素人でもできます。
誰かが手伝うから、派遣する人員をひとり減らしてもらえるかを聞いてみてください。その分安くなるかもしれません。

STEP2 ・日にちを選ぶな

急な引っ越しや、どうしても日取りが限定される場合は仕方ありませんが、余裕のあるときは、安い日を選んでください。

年間を通して、一番引っ越しが集中するのが3月の中旬から4月の初旬です。
1年間に取り扱う引っ越しの3分の1を占めるという業者もあるほどです。

易くなるねらい目の日は
平日・仏滅・ピークシーズンをはずすの3点です。
要は業者の忙しくない日を選ぶのです。
土・日しかダメだという場合でも、時間を指定しないという手があります。
○日の何時と指定せず、○日だったら、何時でも良いと告げるのです。
業者も深夜に引っ越しなど行わないはずです。

STEP3 ・荷物を減らす

引っ越し料金は、トラックの大きさ台数で算出する場合、純粋に段ボールの個数や家具家電の種類大きさなどから算出する場合があります。

どちらにせよ、荷物は少ない方が安くなるに決まっています。
この際、不必要な物は思い切って処分しましょう。

引っ越しなど、そんなに頻繁にするものではありませんね。
日にちに余裕をもって、事前の準備を行うにこしたことはありません。

引っ越し先の下見をするのも忘れずに。
何をどこへ置くのかを的確に指示すれば、運び込みが早く済みます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kazusato

この不況で旦那さんがリストラ!
再就職はしたものの、給料は大幅ダウン…。
節約に突如目覚めなくてはならなくなった今日この頃。
明るく元気な節約ライフ...