更新日: 2010-11-20 05:47:57

個人輸入をかなり手軽にする

著者: ホエン

編集者: ホエン

閲覧数: 166

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by dicktay2000

もうすぐ日本では、海外送金手数料が自由化され外国とのお金のやり取りが更に身近になります。そういった場合意興味を引かれるのが個人輸入。実は難しい英語を書いたり税関手続きをしたりしなくても、かなり簡単に個人輸入ができる方法があります。

STEP1

その方法は、転送業者と言う当事国に住んでいて日本に日本向けの貨物の取りおきを専門にやっている業者に注文を出すことです。仲介手数料もそれほど高くなく、大手がやらない免税措置をやるので、価格がむしろ安くなることがあります。

STEP2

こういった業者を探すのは、ネットで個人輸入 転送 で検索します。業者はアメリカなどに住んでいる日系人などが多いようで、インボイスのかきかたなども教えてくれます。

STEP3

個人輸入の中には、E BEY や 米国AMAZONを検索するだけでも、おもしろそうなものがたくさんあります。手軽に個人輸入ができる時代になってきています。

まとめ

銀行は300万以下ならCITIがお勧めです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ホエン

クレイジーな本職はライターさん。33歳。何でもかんでも記事にするマルチな腕を持っているが、一番得意なのは?