更新日: 2010-11-20 00:03:28

仕事でどうしようもない要求をされたときの基本

著者: ホエン

編集者: ホエン

閲覧数: 181

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by IBM Events

仕事にはどうしようもない供給を突きつけられるときがあります。組織や技術力の問題で解決できないときは、それはそれでいいでしょう。

しかし、人間的なTPOが求められるときに、どうしようもない条件を突きつけられたとしたらどうするか?ガイドしまっせ。

STEP1

それは、システマチックな用件を突きつけてくるときにはあまり効果がありませんが、例えば人事的な評価とか、面接とか、会議好きの上司に対しては効果があります。

STEP2

一番わかりやすく言うと、自分の考えを口にだしてしゃべって、相手に自分の解釈を聞かせることです。積極的に発言をし、自分がわかっていると言うことを表現すると言う形で表に出すことです。すると、満足してもらえることが多いです。

STEP3

IT系の企業とかメールではむしろこの方法はあまり使えません。しかし、権力的と思われる上司も、実はこういった方法をとると、むしろ気心が知れるという感じで、かわいがってくれることが多々あります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ホエン

クレイジーな本職はライターさん。33歳。何でもかんでも記事にするマルチな腕を持っているが、一番得意なのは?