更新日: 2010-11-20 00:26:17

肌が荒れているときの食事の摂り方

著者: rikichan3

編集者: rikichan3

閲覧数: 246

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by darkensiva

肌はからだの健康具合を映す鏡のようなもの。
健康そのもので栄養状態がよければ血色がよくてツヤツヤしていますし、どこかが悪ければカサカサした感じになります。
そんな時、食事を変えてみませんか?

STEP1

実際の年齢よりずっと若く見られる人がいますが、そういう人に共通しているのは肌の美しさ!
食生活に気をつけて睡眠を十分にとることを心がけましょう。


つやと張りにコラーゲン
肌にうるおいをもたせて張りを保つのに効果があるのは、やはりコラーゲンでしょう。
化粧品のコマーシャルで有名になりましたね。
しかし、これは外から塗るより食べ物でとるほうが効果が高いことがわかってきています。
コラーゲンを多く含む食品をおおいに活用しましょう。

STEP2

コラーゲンはからだの細胞と細胞をつなぎかためる特殊なタンパク質の一種。 
水分以外の皮下組織の多くはコラーゲンでできていて、酸素や栄養を皮膚に送り、老廃物を除きます。
みずみずしい肌を保つには、コラーゲンが不足しないようにすることです。
鶏の手羽先や牛のすじ肉、豚のスペアリブなど動物性食品の骨や皮の部分に多く含まれています。ゼラチンはコラーゲンでできています。

煮魚を作りますと、昔の台所は寒かったので、翌朝には煮汁がかたまってプルプルしていました。煮こごりです。この煮汁をかたまらせる成分がコラーゲンです。

まとめ

ミカンでビタミンCをたっぷり

コラーゲンの生成を助けるのがビタミンCです。反対に、ビタミンCが不足すればコラーゲンの生成もうまくいかなくなってしまいます。
ビタミンCはシミやソバカスなどの色素を消すといわれますが、すでにできてしまったものはどうしようもありません。

しかし、普段からビタミンCを十分にとっていれば、シミやソバカスをできにくくします。もちろん、直射日光は避けるよう心がけることです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

13

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する