更新日: 2010-11-19 08:32:30

SOHOとして仕事をする方法①

著者: osero-n

編集者: osero-n

閲覧数: 190

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by yto

SOHO歴は、なんだかんだで10年以上になります。
私が思うSOHOとしてのあり方をお伝えします。

STEP1 SOHOの実情をきちんと把握する。

一概にSOHOといってもWEBデザイナーやプログラマーといった
特殊なスキルを持っている系と
データ入力といったオペレータ系とでは収入率は全く違います。

前者はSOHOで生活ができる、後者はSOHOだけでは生活ができない
位置づけとしては、そういったことになると思います。

単にSOHOでと考える前に、自分ができる内容によって
どのくらいの収入が得られるのかをきちんと把握することが大切です。

STEP2 自分の置かれた環境を考える。

SOHOは、自宅が仕事場になるわけですから
ご家族がいれば、ご家族に何らか負担をかけてしまう場合も出てきます。

それをご家族が協力してくれるのかどうか
その点は非常にポイントになります。

STEP3 外勤ができない(しない)明確な理由を見つける。

スキル系のSOHOは、個人で仕事をした方が収入が高くなるといったことからが
多いと思います。

ただ、オペレータ系SOHOの場合は
アルバイトやパートをした方が収入のよいケースが多々あります。

子どもが小さいからといったことも時々耳にしますが
大切なのは、その次の理由で自分はそうした環境の中で何がしたいのかってことです。

そこまで踏み込んで考えていない人は、SOHOを辞めるときも
「子どもが小さいから・・・」が理由です。

STEP4

そこまで考えてもなおSOHOなのであれば、第一歩を踏み出してみましょう。

ですが、決して楽な業態ではありません。

目先のことではなく、いかに将来的なことを考えて動けるかも
必要です。

まとめ

一家に一台PCが普及している中で、特にデータ入力という響きは、誰しもが
できるであろうと思われるお仕事かもしれません。

そうじゃないよ、ということを分かって欲しいなと思います。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する