更新日: 2010-11-23 00:33:27

今より球速を10キロ上げる方法!その4

著者: hiroyang30

編集者: hi'ilani

閲覧数: 6461

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hiroyang30

前回は下半身をうまく使う方法を説明しました。今回は上半身の有効的な使い方です。

STEP1

ピッチャーは投げる時に並進運動(平行に前に進む事)を行いますが、その際ステイバック、つまり頭を下げるように意識することにより無駄な力を抜く事ができ、球速や球威を強くすることができます。
ステイバックをすることにより上半身が戻る勢いを利用したり、並進運動の時に、下半身(主におしり部分)の力を有効に使用でき、よりよくスムーズに力の移動ができます。効果もあります。

STEP2

また下半身の回転を強くしても、上半身が早く回ることをしっかり抑える必要があります。

この上半身が回転するタイミングは、遅ければ遅いほどいいのです。つまり「カベ」はギリギリまでキープするということ。
上半身が遅れて出てくる分、ゴムや機械のネジ回しのようにギリギリまで溜めていた上半身の力が、早く回転させようと鋭い回転が上半身ついて、球によりよいスピンがかかります。。

STEP3

また最大限に使った上半身の回転に、グローブ側の使い方がうまくいくとさらに効果的な球を投げ込むことができます。

単純に上半身を回すのではなく、効果的に左腕も使えるとより回転スピードを
鋭くします。左腕をを巻き込むようにして投げることにより回転を鋭くし、また投げ終えた後は邪魔をしないように、胸の前などに収めるようにしましょう。

まとめ

投球フォームは投げれば投げるだけ体に染み付きます。
まず踏み込み・タメ・カベ・回転と順番に、体に丁寧に染み込ませることが速い球を投げるポイントになってきます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

27

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hiroyang30

どうもはじめまして( ´・ω・`)

生活で使えるネタ
(主に元八百屋目線の「買う時のタイミング」など
割とマイナーな所から)
を始め、その他「...

必要なもの

努力あるのみです!