更新日: 2011-07-28 21:14:14

瓶詰の薬に入っているビニールの取り扱い方

著者: 松ヒメ

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 571

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 松ヒメ

瓶詰めの薬の中に入っているビニール。
取り扱い方法をご存じですか?
取り扱い方を間違えば、身体に悪影響をもたらす可能性があります。

STEP1 【瓶詰の薬の中に入っているビニールの目的】

Photo by sendaiblog

 長距離輸送の間に、瓶の中の薬に傷が付いてしまったり
 欠けたりするのを防ぐのが目的

STEP2 【薬に傷がついたり欠けたりしたらどうなるか】

 薬のまわりのコーティングは必要な箇所で溶けだすように
 計算されてコーティングされています。
 胃で溶けるもの、腸でとけるもの等・・各部位に
 あわせてコーティングも変えられているのです。

 もし、傷がついたものや欠けたものを摂取してしまうと
 期待した効果が得られないばかりでなく、
 身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

STEP3 【瓶詰ビニールの取り扱い方法】

 使用する際にビニールを取り出したら、その後は元に戻してはいけません。
 一度取り出したビニールには、ホコリや殺菌が付着します。
 その状態で元の瓶に戻してしまうと、雑菌が繁殖し薬の成分を変性させてしまう
 可能性があるんです。

STEP4 【結果】

 瓶詰めの薬に入っているビニールは、初めに取り出した後は
 必ず処分しましょう。元に戻さない!

まとめ

傷がついたり欠けてしまった薬は摂取しないこと。

※薬をケース等に入れて持ち運ぶ際も注意が必要です!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

53

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
松ヒメ

みんなにしってもらいたいプチ情報をお届けします♪