更新日: 2010-11-17 23:33:15

CMSのHTMLを編集する方法

著者: handwerk

編集者: handwerk

閲覧数: 512

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by mariolopez2007

CMSはとても自然にHTML編集能力の必要性を取り除いたものです。
しかしときには通常のHTML編集より高度なカスタマイズを要求されます。
その場合はCMSそのものを編集するかコンテンツを編集することになります。
基本のカスタマイズ方法としてはCSSを使用した物があります。
さらに高度なカスタマイズにはPHPやASPなどのプログラミング言語が必要です。
求められる知識レベルやスクリプトは使用するCMSによります。
CMSはよくPHPを使用しています。JoomlaやWordpressはその代表例です。

STEP1

Step1: まずどの部分をCMSで編集したいか決定します。もしページやページ内コンテンツを変更したい場合は
単純にページ編集画面で変更を加えます。
これらファイルの配置されている場所や名前はそれぞれCMSにより異なります。

STEP2

Step2: もしページ全体の編集を行いたい場合はHTMLやCSSそのものを編集します。大抵のCMSは
テンプレートやテーマを使用しています。CMSの管理画面からテーマやテンプレートの配置場所を探し出します。

STEP3

Step3: 編集したい要素のファイルを発見したら、配置はテンプレートやテーマ内のどのファイルを編集すべきか書き取らせます。
大抵の場合、ページのトップのあたりはヘッダーファイル、下の方はフッターカラーやスペースなどはCSSファイルを編集することによって行いrます。

STEP4

Step4: また編集しようとする時はオリジナルファイルはバックアップします。これにより不意な間違いでもすぐにまた戻って来れます。

STEP5

Step5: 編集する項目に必要な部分のシンタックスを得るため、HTMLやCSSを参照をします。

STEP6

Step6: テンプレートやテーマに必要な変更を加えます。

STEP7

Step7: 保存して変更項目を確認します。

まとめ

*もしHTMLとCSSの知識が少ししかないのであればコードの知識をまったく必要としないCMSを選んでみてください。
*変更を加えようとする前には必ず保存します。これはいつでも問題前に戻る為に有効です。
* テンプレート、テーマ内でCMSを編集する場合、サイトを動作しないようにさせておくことができます。
すべての変更を有効化させる前にファイル全体を問題ないか確認します。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

66

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
handwerk

さわらどっとじぇーぴー