更新日: 2011-08-08 13:18:00

学術書を手軽に要約する方法

著者: いなみわけ

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1881

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

大学の課題などで、専門書、学術書を要約するという課題がしばしば出されますが、ある程度筋道を立ててまとめる方法があります。

STEP1 はじめとおわり

まず、本の「はじめに」と「おわりに」を先に読んでしまいます。ここには、本の著者が何を目的とし、どういう手順を踏んで叙述したか、そしてどの程度まで到達し得たかが、著者自身の言葉でまとめられています。よって、要約にはここを把握しておくことが必須となります。ここを完全に理解できたら、要約はほぼ終わりと言っても良いでしょう。

STEP2 目次

著者の思考方法を把握できたら、次に目次を確認します。おそらく、「はじめに」「おわりに」と同じ手順によって項目が並べられているはずです。全体の流れは以上の方法で把握できます。

STEP3 流れに沿って

ここまできたら、あとは内容をさらさらと読むことができるはずです。おおまかな流れさえ把握しておけば、拾い読みでも十分理解できるはずです。ここで重要なことは、各々の項目(特に目次で示された項目)の結論に注目して読むことです。手順は既に把握しているので、あとは結論さえ順に見ていけば、その本における著者の到達点が理解できるわけです。

STEP4 問題点も見えてくる

これにより、著者の方法の問題点なども次第に見えてきます。次につなげられるレポートも書けるわけです。

まとめ

本の構造を、目次などを参考にして図にまとめると、より全体図を把握しやすくなると思います。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

76

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。