更新日: 2010-11-15 20:06:44

電話セールスを断る手順

著者: greenhype

編集者: greenhype

閲覧数: 207

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by chris friese

電話セールスの場合、再勧誘は法律違反になりますので、意思表示は大切です。
断りの意思表示をしておきましょう!

そこで、ただ断るのではなく、「もう掛けたくない」「もう掛けないほうがいい」と相手に感じてもらう断り方をご紹介しましょう。

STEP1 ●相手の情報を収集する

「質問があるのですが」と、ちょっと興味があるふりをして会話を中断させます。

そして、会社名・本人名・連絡先を聞き必ず復唱します。続けて、所在地・社長名・会社の電話番号など相手の情報をしっかり聞き出します。

STEP2 ●再勧誘だと指摘する

不動産関係以外であれば、断った後に再び勧誘してきたり、数日後に掛けてきたりした場合は、勧誘されるまで待って「一度お断りしましたので、再勧誘ですね。法律違反ですね。」とはっきり言って切ります。

STEP3 ●専門家が親戚にいると伝える

たとえば「叔父が不動産関係なので結構です」「従弟が塾の講師なので大丈夫です」などと言って断ります。家族ではなく親戚に詳しい人間がいることにしましょう。

STEP4 ●電話番号をどこで知ったのか聞く

電話帳などで公表していないのに掛けてくる場合ですが、「この番号は誰にも知らせていませんが、どこで情報を買ったのですか?」と聞いてみましょう。

ちょっと鋭い質問ですが、相手が何かを言おうとしても「信用が出来ないので話は聞きません」と切りましょう。

STEP5 ●今後の為にも穏やかに

常に電話に出たときは「もしもし」「はい」のみにして、名乗らないことです。こちらの個人情報を聞き出そうとするので、用心したほうが良いでしょう。

相手がこちらの個人情報を把握している可能性も高いので、あまり感情的にならず、淡々と会話を済ませましょう。

もし同じ業者から頻繁に電話があったり、トラブルになりそうなときは、消費者センターなどに相談することをお勧めします。

まとめ

下手に興味ある様子を見せず、はっきり断る姿勢を見せましょう☆

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
greenhype

小学生の子どもを持つ主婦です。数か月前まではバリバリ働いてましたが現在専業主婦、幸せなマタニティライフを過ごしています☆2月に2人目を出産予定です。よろし...