更新日: 2010-11-15 02:09:54

コンセントを抜いて節約

著者: pinkatol

編集者: pinkatol

閲覧数: 176

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by pinkatol

電化製品は待機電力を消費するので、コンセントから抜くか主電源から切りましょう!と、よく言われています。
実際、電化製品の待機電力はばかになりませんが、その手間を考えると実用的とは言えないかもしれません。

STEP1

まず用意する物は、コンセントにスイッチが付いている安全コンセント。
できればコンセントがたくさんあり、その分だけスイッチが付いているものをご用意ください。
よくパソコンショップ等でも売っていると思います。
このスイッチ付の安全コンセントを利用すればワンタッチでそして一カ所に集約して複数の電化製品の待機電力を遮断することができます。
次にどの電化製品の待機電力を遮断するのが効率的かを考えてみます。
正直言えばテレビや電話機、空気清浄機などは待機電力をあまり消費しないので、逆に待機電力が特に多いものを選び効率的に節電しまみましょう。
具体的には、意外と待機電力が高いビデオデッキ、CD・MDラジカセ、コンポ、エアコン、給湯器、CS受信機類などです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

安全コンセント