更新日: 2010-12-10 20:21:06

オークションに便利なアイツ…レターパックの違い

著者: abes

編集者: abes

閲覧数: 401

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by abes

郵便局で販売されている、レターパック350とレターパック500。
郵便局の窓口でレターパックの袋を購入し、中に荷物を詰めて、ポストに投函するだけ。
オークションの発送に便利な、レターパックの違いについてまとめてみました。

STEP1 レターパック350の場合。

普通の郵便と同じ扱いです。

そのままポストに投函されるので、受取は無人でOKです。
その為に、荷物の厚さは3cmまでです。

STEP2 レターパック500の場合。

宅急便と同じように、受取にサインが要ります。

手渡しが原則である為に、厚さは3cm以上でもOK。
ただし、レターパックの袋からはみ出るような場合はNGです。

両者ともに、A4サイズまで、重さは4kgまでとなっています。
お金や、割れ物は入れられませんが、信書はOKと書かれています。
どうしても受取のタイミングが合わない、荷物の厚さが3cm以下であれば、レターパック350を選択するのも良いですね。

STEP3

過去にはエクスパック500という、レターパック500と似通ったサービスが。
これは、コンビニエンスストアでも販売していた経緯があります。

レターパックも同様に販売をしているのかと確認をしましたが、現状は郵便局の窓口のみとなっています。
あらかじめ、オークションでレターパックを使うとわかっている場合は、袋をまとめ買いしておくと楽ですね。
尚、エクスパック500はもう、販売をしていません。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

64

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する