更新日: 2011-08-15 15:39:32

試合になるとサーブが入らない方のおまじない方法

著者: takanome0128

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 900

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by takanome0128

臨床スポーツ心理学における「おまじない」です。

STEP1 自分でリラックスできる動作

をサーブの前に入れる。これは集中力を高めるには重要な動作です。


↓↓↓
・イチロー選手のバッターボックスに入った後の動作。

・中村俊輔のノートを試合前に確認。

・成功イメージの妄想。

STEP2 その動作を

練習でも取り入れることによってリラックスできる状況を自分で作ります。つまり集中力を高めるための動作を自分で作る。

STEP3 集中力も高まり

Photo by takanome0128

サーブが入るようになります。


↓↓↓
打ちたい方向をイメージしながらボールをつくなど。

まとめ

繰り返し動作を刷り込んで体で覚えること。

興味を持った方はこんな本を読むのもありです。

臨床スポーツ心理学に関する本

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

70

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
takanome0128

iPad目指して奮闘中!質の良いガイドラインを作れるように努力します!

これで少しでも【知ってよかった】と思えるような人が増えてほしい。

必要なもの

途中で諦めない心。