更新日: 2010-11-21 08:09:51

牛乳手浴で手荒れもしっとり

著者: shiro-chang

編集者: nishioka-s

閲覧数: 408

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by LAsachi

古代エジプト時代から
洗顔や入浴にも用いられていたと言われる牛乳。

クレオパトラも美肌のために
好んで牛乳風呂に入っていたそうです。

そんな牛乳とお湯を使って
手荒れを解消することができます。

STEP1

お風呂くらいの温度(40度前後)のお湯を用意します。あまり熱すぎるとやけどしたり、かえってしわになるので温度をよく確認してください。
次にお湯の1割ぐらいの分量の牛乳を洗面器に加えます。

STEP2 洗面器に両手をつけ、じっくりと浸します。

じんわりと温かくなり、身体もぽかぽかしてきます。
お好みの時間、手浴を楽しみましょう。

まとめ

牛乳の保湿成分で、肌がしっとりします。
また、ヒジやかかとなどのガサガサをなめらかにしたい時にも使えますので是非お試しを!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

洗面器
お湯
牛乳