1. 人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?

ちょっと一息 NIGIYAカフェ

Tabizine logo 125

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき? 2018年09月22日 16:00

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
人気の海外観光スポットとしてランキング上位に選ばれることも多いアメリカ・アリゾナ州の「アンテロープキャニオン」。鉄砲水などにより曲線に削られたマーブル模様の岩が織りなす絶景スポットです。アッパー、ロウアーの2か所あり、それぞれに魅力があります。

幻想的な写真を撮りたいなら、アッパーアンテロープキャニオン

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
幻想的なハイビームが差し込むことで有名なアッパーアンテロープキャニオン。実はハイビームは、4月から9月頃の夏場、太陽が頭上に来る正午前後の時間しか見られないので注意。アッパーは、個人で入ることは出来ず、現地ツアーに参加しないといけません。現地にツアー申し込みがあるので当日申し込みができますが、夏のシーズンは観光客も多いので、事前予約をしてから行くことをおすすめします。

筆者は当日、現地でツアーに参加し、ツアー料金は$63+ナバホ移住地入場料$8でした。アンテロープキャニオンは、ネイティブアメリカンの自治区、ナバホインディアン居留区内にあるため、入場料がかかります。ハイビームが差し込む時間は、$74と値上がりするようです。現地にはツアー会社「Adventurous Antelope Canyon」がありますが、近くの町ペイジからもツアーが出ています。ツアー会社をいくつか比較してから行くことをおすすめします。

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
申し込みを済ませ、時間が来るとジープに乗り込み入り口まで向かいます。砂埃がすごいので、サングラスやマスクなど顔を覆うものがあると便利です。

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
ジープに乗ってきたグループごとにガイドが付き、中に入ります。中は意外と暗く、実際に目で見る光景よりも写真で撮影した画像の方が綺麗です。ガイドさんがカメラの設定のやり方を教えてくれるので、明るい写真を撮ることができますよ。長細い洞窟を進み、奥までたどり着いたら、同じ道を戻る工程となります。

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
進んで行く途中で、ガイドさんがハートポイントなどの撮影スポットを教えてくれたり、いいスポットで撮影してくれます。所要時間は1時間30分ほど。


■Adventurous Antelope Canyon
所在地:Highway 98 Road & Milepost 302, Page, AZ 86040
電話番号:928-380-1874

Adventurous Antelope Canyon


探検家気分になれる、ロウアーアンテロープキャニオン

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
平坦なアッパーに比べて、階段があったり、上り下りがあるロウアーアンテロープキャニオン。ロウアーはツアー参加が必須ではないので、ナバホ移住地入場料$8のみで入れます。

ただ筆者は現地に行ったとき、それを分からずにツアーに参加してしまいました。現地にはツアー会社が2つあり、筆者が参加した「Ken’s Tours」は$40でした。また、アッパー、ロウアーの両方を訪れる場合は、ナバホ移住地入場料の支払いは一度のみで大丈夫です。

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
階段を降りるとロウアーアンテロープキャニオンの始まりです。途中に階段があったり、狭い道があったりと、平坦な道を往復したアッパーに比べて、トレッキング感覚で楽しめるのが、ロウアーです。

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき? (C)SAYOKO ISHII

アッパーと違って、ロウアーは一方通行。入口と出口は別の場所です。最後は、階段を登り、大地の割れ目から出て終了です。所要時間は1時間ほど。


■Ken’s Tours
所在地:Indian Rte 222, Page, AZ 86040
電話番号:928-606-2168
無休
Ken’s Tours

アッパー、ロウアーはほど近く、道を挟んだ反対側に位置するので簡単に両方に訪れられますが、ツアー料金がなかなか高いのが悩みどころです。美しい写真を撮りたい人はアッパー、アクティビティ感覚で身体を動かしたい人はロウアー、どちらかだけを訪れるのでも十分だと思います。

絶景ホースシューベントも忘れずに訪れて

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
また、すぐ近くには、コロラド川が蹄鉄の形に蛇行した絶景ポイント「ホースシューベント」があります。こちらは駐車場から15分ほど歩いた場所にありますが、入場料、駐車料はかかりません。アンテロープキャニオンに行く際には、セットで訪れてみてください。

ホースシューベント

アンテロープキャニオンに訪れるには、近くの町ページに一泊してツアーに参加するのが一般的ですが、時間やレンタカーがない場合は、長距離移動になりますが、ロサンゼルス発の日帰りツアーもあるので、それに参加するのもいいかもしれません。




[Photos by shutterstock.com]

関連記事

リクエストしてみよう

○○したい!

みんなのリクエスト

  • 【恋愛】出会いの穴場

    したい!

    1555

    人がリクエスト!

  • 【人間関係】親友をつくる方法

    したい!

    1473

    人がリクエスト!

  • 【結婚】離婚しないためにできること

    したい!

    291

    人がリクエスト!

写真ランキング

  • Size 70 2018 10 19 20181019232201 e1539958948412
  • Size 70 23dabaf2ba8d713fbe653bf5f5c31d1e 20181019182903
  • Size 70 154000213062205900
  • Size 70 img 7322 20181019072840
  • Size 70 prev icon
  • Size 70 prev icon
  • Size 70 efc3ef53 s
  • Size 70 img112
  • Size 70 20181006yuofi003

この記事を見た人はこんなガイドも見ています

記事提供サイト

  • Ticketpia logo
  • 125x30
  • Logo rct140x35
  • Getnews okguide2
  • 140x35 yucaseemedia logo
  • Askdoctors logo
  • Techjo 125 30
  • Pouch 2
  • Kachibit .netlogo mini
  • 556health logo
  • Sundaymain75
  • Terrafor titlelogo
  • Otomesokuho titlelogo
  • Akbtsushin titlelogo
  • Clicccar logo
  • Biranger
  • Menjoy
  • Site logo 125x30
  • Googirllogologo
  • Otona
  • Womansmartlife    okwave
  • Konkatsu
  • Netsenkyo
  • Beautynavi
  • Bousaigoods
  • Cnews
  • Sorae logo
  • Girlsnews
  • Techwave140 35
  • Itlifehack 140x35
  • Mynavi student yoko 4c e
  • Omoshiroisite
  • Hotmamatornlogo 140 35
  • Logo 14035
  • Breakingnews140 35
  • Dogatchlogo 140x35
  • Blogramtsushin
  • Carrera
  • Hrn
  • Mov logo
  • Bcn r
  • Business item com logo
  • Netventure news com logo
  • Meeti
  • Pronews 125x30
  •       q okwave
  • News2unet logo
  • Thainews agency
  • Prtimes logo fix rgb
  • Ok logo
  • Wooris 125 30
  • Dokujologo
  • Woman logo
  • Biyou saishin
  • Appgiga logo
  • Logo okmusic
  • Itmama125x30
  • Sfnlogo125 30
  • 20130812150916
  •    13020
  • Logo 100 24
  • Womaninsight logo 125x30
  • Tabizine logo 125
  • Ovo      125
  • Okguide gotrip logo
  • Header logo
  • Prolo logo
  • Amajo logo
  • Ojwave extrain
  • Okwave hotelers
  • Okwave guesthousetoday
  • Okwave traicy
  • Okwave newslounge
  • Bizlady logo 125x30
  • Venustap logo 125x30
  • Ajb 125 30
  • Kirei style logo 125x30
  • Futurus 125x30