1. 2018年9月25日(火)に新館・本館ガレリアがオープン4館体制の新・都市型ショッピングセンター「日本橋高島屋S.C.」が誕生

ちょっと一息 NIGIYAカフェ

Prtimes

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月25日(火)に新館・本館ガレリアがオープン4館体制の新・都市型ショッピングセンター「日本橋高島屋S.C.」が誕生 2018年05月28日 12:01

株式会社 高島屋


日本初上陸を含めた計114店舗が新館・本館ガレリアにオープン

 2018年9月25日(火)に、日本橋高島屋S.C.新館(専門店)がオープンし、高島屋グループが推進する「まちづくり戦略」を象徴する事業である「日本橋高島屋S.C.」が誕生します。
 本館(百貨店・専門店)・ウオッチメゾン(百貨店)・東館(百貨店・専門店)に新館(専門店)を加え、4館体制で約66,000平方メートル の新・都市型ショッピングセンターとなります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-247256-1.jpg ]

 新館、本館ガレリアには、日本初上陸や商業施設初出店などを含めた感度の高い専門店、計114店舗が出店予定です。 ※2018年5月28日(月)時点

 また日本橋高島屋S.C.誕生に先駆け、S.C.オープン予告ムービーを2018年6月13日(水)より特設サイトで公開します。日本橋二丁目地区の変遷、当社グループが掲げる「まちづくり戦略」の要となる日本橋高島屋S.C.が誕生する軌跡を、 ミニチュア写真家として著名な田中達也氏とCG作家の森江康太氏が映像化。女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」のオリジナル楽曲を合わせ、ミニチュアの世界観の中で日本橋の街が変わっていく姿を表現しています。

■日本橋高島屋S.C.について

[画像2: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-883259-29.jpg ]

 日本橋高島屋S.C.は、百貨店建築として初めて国の重要文化財に指定された「本館(地下2階~8階)を残しながら、2018年9月25日(火)に中央通り側の開発地区低層部に「新館(地下1階~7階)」をオープンします。これで、2018年春に先行開業している東館(4階~5階)」に、2015年に開業した「ウオッチメゾン」(1階~2階)を加えた全4館で構成されます。

【 「日本橋高島屋S.C.」全体コンセプト】
~「美しい暮らしスタイル」を発信する店~
高島屋が長きにわたり大切にしてきた「暮らしの提案」を、時代性を加味しながら更に磨き上げ日本橋高島屋S.C.から発信することで、人々の暮らしに潤いと彩りを添える「美しい暮らし」を実現します。
【想定ターゲット】
・全国からご来店いただいている「高島屋日本橋店」既存のお客様
・増加傾向にある近隣商圏のオフィスワーカーや居住者
・日本橋地区全体で流入が増加している国内外のツーリスト

■専門店ゾーンの構成について
 “日本橋生活者のための場の提供“をコンセプトとした専門店ゾーンは、日本橋エリアを生活拠点とし、暮らしを慈しみ楽しむ人々=「日本橋生活者」に職場でも家でもないサードプレイスとして心地よく過ごせる場所として、新館地下1階から地上7階、本館1階ガレリアに、日本初上陸や商業施設初出店も含めた計114店舗のラインナップが実現しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-104377-27.jpg ]



■専門店舗数

[画像4: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-687793-28.jpg ]

■専門店ゾーン各フロアの説明
B1F シティマルシェ<フード・イートイン> 新館15店舗  ※イートイン12店舗〔専門店計15店舗〕
 施設初出店となる「東京カレースタンド HATONOMORI」や野菜が主役のスローフードスタンド「GREENBOWL」、日本橋にあるビストロの姉妹店「おかず フレンチ MANON」、人気寿司店「梅丘寿司の美登利」の立ち喰い業態など、15店舗中12店舗がイートイン併設店。月替わりのポップアップステージでは高島屋バイヤーがセレクトしたショップも登場。日本橋生活者に向けた楽しくて、美味しい「食」の便利を提供するフロア。
[画像5: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-776597-20.jpg ]

1F プロムナード<フード・雑貨> 新館21店舗 本館ガレリア4店舗 
※7:30オープン(平日のみ) 10店舗〔専門店計 13店舗〕
 日本橋で生活する人々の街の通り道=プロムナードとして、10店舗が朝の7時30分からオープン。代々木八幡で人気のベーカリー「365日」(イートイン付き)や紀ノ国屋のこだわりやクオリティを気軽に味わっていただける「KINOKUNIYA entrée」、出勤前に靴やバッグのリペアができる「GMT FACTORY」など、日本橋ワーカーの朝の便利がぎゅっと詰まったゾーンと、日本橋の待合せ場所としてグリーンショップ「SOLSO HOME Nihonbashi(仮称)」が併設された空間「IN THE GREEN(仮称)」を新設した、街を訪れた観光客も楽しめる雑貨のゾーンで構成。

 本館と新館の間に新設される歩行者空間「日本橋ガレリア」には、地域のにぎわい創出の核として、 オーストラリアの人気ジェラートショップ「N2」が手掛ける“Aussie All Day Dining ”「N2 Brunch Club」が日本初上陸。フランスの老舗総合美容専門店「OFFICINE UNIVERSELLE BULY 」、フォションの味と雰囲気が味わえる「フォション カフェ(仮称)」も登場。
[画像6: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-937823-19.jpg ]

2F クオリティークローゼット<ファッション> 9店舗
 200坪強の路面旗艦店と並ぶ規模となる「TOMORROWLAND」をはじめ、メンズ&レディスの複合展開が国内4店舗目となる「martinique日本橋」、本物志向の大人の女性に向けたブランド「ebure」、初のフラッグシップショップとなる「UNION LAUNCH」など、ファッションを楽しむリアルな女性と男性に向けた、今、必要な服がみつかるフロア。
[画像7: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-738071-21.jpg ]

3F シティパークカジュアル<雑貨&ファッション> 16店舗
 ファッションのようなインテリアを提案する「journal standard Furniture」、世代を超えて愛されるプロダクトを提案する「OVER THE CENTURY」、ずっと長く着ていたい質の良いベーシックアイテムを取り揃える「S.ESSENTIALS」など、日々の暮らしを少し豊かにしてくれるライフスタイルショップを集積。定期的に入れ替わるポップアップステージでは、旬や定番を取り入れたショップを発信。
[画像8: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-149777-22.jpg ]

4F 日本橋スタジオ<サービス・雑貨> 15店舗
 フィットネスクラブティップネスの女性専用コンディショニング・ヨガスタジオ「libéry」や中川政七商店グループの新業態、茶道教室・茶道具専門店「茶論(さろん) 」など 、ライブ感のある“コト”体験を提供する店舗が多数出店。また、スタイリッシュなデザインと優れた保温・保冷機能を備える二重構造のキッチンウェアブランド「thermo mug」など、訪れるたびに好奇心を満たしてくれるフロア。
[画像9: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-265620-23.jpg ]

5F ガジェットハウス<カフェ・雑貨> 17店舗
 スペシャルティコーヒーストア「STARBUCKS COFFEE」のくつろぎの空間や、眺めているだけで楽しい個性的な店舗を集積。英国調のスタイリッシュな理容室「THE BARBER」、多種多様な本棚とそれに合わせた本がラインナップされた「HummingBird Bookshelf」に加え、時代に息づくものやこれから息づこうとするものを集めた 「BRICK & MORTAR」が出店。思い思いの時間を過ごすことができるフロア。
[画像10: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-106820-24.jpg ]

6F 日本橋ダイニング<レストラン> 10店舗
 すすきの屈指の人気寿司店「札幌鮨棗 日本橋」、素材の力を余すことなく五感で愉しむ鉄板焼店「虎幻庭」、寛政元年の創業より上品な風味の更科そばを提供し続ける「総本家 更科堀井」、など、百貨店のお客様にもご満足いただける老舗から新たな人気店まで、味とおもてなしに定評のあるレストランが集合。
[画像11: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-981897-25.jpg ]

7F 日本橋テラス<レストラン> 7店舗
 表参道で人気のTWO ROOMS グリル|バーのチームが手掛ける最新レストラン「SEPTIÈME Brasserie & Bar」や今回が施設への出店が初となる地元人形町の人気グルメバーガー専門店「BROZERS’」、日本人にも馴染みやすいポルトガル料理をシーフード食堂スタイルで提供する「マヌエル マリシュケイラ」などが出店。
[画像12: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-807301-26.jpg ]

■S.C.オープン予告ムービーについて
 日本橋高島屋S.C.の誕生に先駆け、S.C.オープン予告ムービーを2018年6月13日(水)より特設サイト(URL:www.takashimaya.co.jp/nihombashi/)で公開します。
日本橋二丁目地区の変遷、そして当社グループが掲げる「まちづくり戦略」の要となる日本橋高島屋S.C.が誕生する軌跡を、ミニチュア写真家として著名な田中達也さんとCG作家の森江康太さんが映像化。
女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」のオリジナル楽曲を合わせ、ミニチュアの世界観の中で日本橋の街が変わっていく姿を表現しています。
 8月には第2弾、翌年2019年3月には第3弾と順次公開予定です。
[画像13: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-857773-30.jpg ]

▼プロフィール
[画像14: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-304127-15.jpg ]

田中 達也
ミニチュア写真家・見立て作家。ミニチュアの視点で日常にある物を別の物に見立てた写真「MINIATURE CALENDAR」の作者。SNSのフォロワー数は100万人越え。「2017年NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』タイトルバック」のミニチュアを担当。著書に「MINIATURE LIFE2」「Small Wonders」など。「MINIATURE LIFE展 田中達也見立ての世界」が国内外で開催中。

[画像15: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-919919-13.jpg ]

森江 康太
ディレクター/CGアニメーター。2006年CGプロダクションに入社。 CGアニメーターとして活躍し、自身の監督作品として「Express」「2017年NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』タイトルバック」等を手掛ける。
2016年、MORIE Inc.を設立。CM・アニメ・TV・映画など、あらゆるジャンルのCG映像制作をディレクションからプロデュースまで手掛けている。

[画像16: https://prtimes.jp/i/34253/1/resize/d34253-1-192720-11.jpg ]

Little Glee Monster
研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残すことをテーマに結成された女性ボーカルグループ。力強い歌声と高度なアカペラをも歌いこなす透き通ったハーモニーを武器に、2017年に開催した日本武道館公演では13,000人を動員、さらに2017年末にはNHK「紅白歌合戦」にも出演。2018年2月からの横浜アリーナ、大阪城ホールでのアリーナツアーでは約4万人を動員。7月に初のアジアツアーが決定している。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

関連記事

リクエストしてみよう

○○したい!

みんなのリクエスト

  • 【恋愛】出会いの穴場

    したい!

    1548

    人がリクエスト!

  • 【人間関係】親友をつくる方法

    したい!

    1469

    人がリクエスト!

  • 【結婚】離婚しないためにできること

    したい!

    287

    人がリクエスト!

写真ランキング

  • Size 70 p1160801 1024x768
  • Size 70 dsc 4458 20180612164001
  • Size 70 org 20180619000101
  • Size 70 152943122416878700
  • Size 70 2018 06 08 22.41.53 20180608224722
  • Size 70 wcup yukarihime 01
  • Size 70 makai01
  • Size 70 konishi
  • Size 70 4sakuhin

この記事を見た人はこんなガイドも見ています

記事提供サイト

  • Ticketpia logo
  • 125x30
  • Logo rct140x35
  • Getnews okguide2
  • 140x35 yucaseemedia logo
  • Askdoctors logo
  • Techjo 125 30
  • Pouch 2
  • Kachibit .netlogo mini
  • 556health logo
  • Sundaymain75
  • Terrafor titlelogo
  • Otomesokuho titlelogo
  • Akbtsushin titlelogo
  • Clicccar logo
  • Biranger
  • Menjoy
  • Site logo 125x30
  • Googirllogologo
  • Otona
  • Womansmartlife    okwave
  • Konkatsu
  • Netsenkyo
  • Beautynavi
  • Bousaigoods
  • Cnews
  • Sorae logo
  • Girlsnews
  • Techwave140 35
  • Itlifehack 140x35
  • Mynavi student yoko 4c e
  • Omoshiroisite
  • Hotmamatornlogo 140 35
  • Logo 14035
  • Breakingnews140 35
  • Dogatchlogo 140x35
  • Blogramtsushin
  • Carrera
  • Hrn
  • Mov logo
  • Bcn br rogo
  • Business item com logo
  • Netventure news com logo
  • Meeti
  • Pronews 125x30
  •       q okwave
  • News2unet logo
  • Thainews agency
  • Prtimes
  • Ok logo
  • Wooris 125 30
  • Dokujologo
  • Woman logo
  • Biyou saishin
  • Appgiga logo
  • Logo okmusic
  • Itmama125x30
  • Sfnlogo125 30
  • 20130812150916
  •    13020
  • Logo 100 24
  • Womaninsight logo 125x30
  • Tabizine logo 125
  • Ovo      125
  • Okguide gotrip logo
  • Header logo
  • Prolo logo
  • Amajo logo
  • Ojwave extrain
  • Okwave hotelers
  • Okwave guesthousetoday
  • Okwave traicy
  • Okwave newslounge
  • Bizlady logo 125x30
  • Venustap logo 125x30
  • Ajb 125 30
  • Kirei style logo 125x30
  • Futurus 125x30